ヘッダー画像

子供の成長痛にサポーターは効果はあるのか?

成長痛は成長期に感じる痛みであり、成長の段階での一時的なことでもあります。

ですが、かなり人によっては痛みがありますから、本人にとってみればせつないものです。

成長が止まるまでの辛抱ではありますが、スポーツなどの活動に励む子供にとっては、成長痛を理由に部活を休みたくないと考えるものです。

成長痛を少しでも軽くしながら部活を続けたいという子供もいます。

そんな成長痛の痛みを軽減しながら、運動をするために、サポーターをつけることを検討する人もいます。

補助的に利用をするのは良いのですが、これによって完治するといいものではありません。

しかしサポートにはなりますから、部活度などを続けたい子供には支えにもなるアイテムです。

日常生活で使用するタイプであれば、成長痛もカバーしながら使える、膝を覆うタイプを選んでみるといいでしょう。

ほんの少しだけ膝を曲げても痛いという人には、膝を覆うサポーターのタイプでは、メンタル的な部分も和らげることになります。

成長痛の痛みを緩和を望むならば、膝を覆うタイプを使用してみるのもいい方法です。

スポーツでは成長痛にサポーターで動きやすい

覆うタイプはホールド感が高いですし、蒸れにくくて、さらにズレにくいといった良い点があります。

逆の視点で見てみると、ホールドがしっかりなために、運動の動きにも制限は掛かりやすくなります。

スポーツをするときには、ベルトタイプを使用するのが向いています。

覆うタイプよりも軽いのも特徴ですし、直接的に膝を覆わないこともあって、動きやすいといった良い点があります。

装着も簡単ですし、膝に対しての動きは制限がないですから、膝は自由に関節が動きやすいです。

若干ズレやすいので、強めに占める必要はあります。

ですが、あまり強く締めてしまうと血流も止めてしまうために、今度はふくろはぎの部分に疲労感を溜め込みやすくなります。

本来であれば痛くて動くのも大変な足を、無理に動かす状態なので、一時的な使用で利用をすることです。

スポーツなどを激しくプレーしても、そのあとはゆっくりと休ませる必要があります。

本人に根性がないわけではなく、成長痛は時間が必要なだけですから、無理なことは控えて時間の経過を待ちましょう。

成長痛もなくなれば、本来の持っている力を100%出し切っての、スポーツや運動も思い切り楽しめることになります。

サポーターで子供の成長痛のメンタルもカバー

もっと小さな子供の場合は、理解力もまだ乏しいですから、夜中に足が痛いと言って泣いてしまうこともあるでしょう。

親としてもそんな我が子の姿を見ると、とても不安になります。

例えば足が痛いと言って子供が泣いて、病院に行って検査をしてもらったとしても、特に異常は見られないということはあります。

こういうケースでは、ほとんどの場合は成長痛という診断します。

これは成長の段階によるものですが、精神的な原因も考えられます。

小さな子供が原因不明の痛さ親に訴える場合には、実は構ってほしいといった本心が隠れていることもあります。

疲労感があって、それが精神面によって余計に増えていたり、小学校とか幼稚園で嫌なことがあったのかもしれません。

母親の神経質な部分に敏感であったり、自分の下に子供が生まれたり、親が働き始めてかまってくれる時間が少なくなったりと言う、メンタル的な部分が成長痛につながる要因となることも考えられるのです。

こんな時には愛情で接してあげるのが一番であり、抱きしめて大丈夫と言ってあげたりするのもいいでしょう。

痛いと言うところを、優しく撫でてあげたり、やさしくマッサージしてあげるのも、子供は落ち着く要素となります。

何もしないで成長痛をそのままにしておけば治るというのは、子供を突き放すことになりますから、なかなか解消しないので注意です。

怪我

このページの先頭へ