ヘッダー画像

膝の成長痛の症状で歩くのさえつらい?

成長期にある子供に見られる特有の痛みが出る現象です。

一般的には早い子供では2才ぐらいから症状が現れます。

多くの子供は10才ぐらいまでには自然に症状が出なくなることが多いですが、人によっては10代になっても痛みを感じる場合もあります。

この症状の特徴は昼間は普通に痛みを感じることなく運動をしているのに、夜間の就寝時に膝などに痛みを感じることです。

これの治療にとって一番困難であることは、その原因が何なのかはっきりとわかっていないことです。

痛みを訴えている部分をレントゲンなどで撮影した場合でも、骨や筋肉などに異常がないという場合がほとんどで、現在のところ成長痛は医学的な根拠のない症状となっています。

ですからこの症状に対処するための医学的な方法もないということになります。

中学生で膝の成長痛になる男子が多い?

普通は原因として考えられていることには、精神的なストレスなどの子供の精神的な負担や、子供の肉体的な疲労などの要因があげられます。

精神的な原因としては子供が自身が成長していくことへの不安からこのような痛みを訴えるケースもあると今はされています。

また疲労による原因としては、子供が昼間に体を過剰に動かしたために、その疲労が蓄積されて残り、そひて夜間に痛みを感じさせる原因になっているとも指摘されています。

ですから成長痛を訴える子どもに対処するためには、症例に合った適切なケアをしてあげることが必要になります。

疲労による原因で痛みを訴える子供の発症を緩和する方法としては寝る前に膝の周囲の筋肉などを冷やしてあげることも、一定の効果が期待できます。

湿布などを貼って疲労をとる方法でも疲労が除去できます。

その他にも寝る前に足を丁寧にマッサージしてあげることなどでも、痛みを抑えることがかなり期待できます。

その一方で精神的に不安定になっている子供に対する対処法としては別の方法が必要です。

成長をすることや、周囲の環境などに不安を感じている子供には適切な精神的なケアをすることが特に重要になります。

そのためにはまず子供としっかりと話をして子供の不安の原因を探ることが大切になります。

心の不安を取り除くことで、痛みの発症を抑えることが期待できる場合が多いです。

対処方法は膝は難しく期間は長い?

いずれの場合であっても、原因がわからないからといってそのまま放置して自然治癒を期待するのではなくて、子供に対してしっかりと対処をすることが必要になります。

ですがその一方で、成長痛だと思われていた子供が、実は他の症状を患っていたという場合もあるので、注意が必要になる場合もあります。

こうしたケースの最も典型的なものがオスグッド・シュラッター病との混同です。

膝の痛みを子供が訴えた場合に成長病と誤解して、医師の診断も受けずに放置していた結果、長い期間いつまで経っても痛みが治まらずオスグッド・シュラッター病だと診断されるようなケースもあります。

成長病とオスグッド・シュラッター病との一番大きな違いは原因の特定です。

明確な原因がわかっていない成長病と異なり、オスグッド・シュラッター病ははっきりとした原因が既に特定されているので、医学的にも体の機能の損傷として認識されています。

特にこうした症状が発生する可能性が高いのはスポーツをしている子供です。

膝の痛みが部活に影響も出る

スポーツを日常的に行っている子供が膝の痛みを訴えた場合にはこの症状になっている可能性を疑う必要があります。

オスグッド・シュラッター病は、膝の脛骨が出ることによって痛みを感じる症状です。

この症状は特に十代の子供によく起こるという点においても、成長病とは異なっています。

10才以上の子供が足の関節に痛みを感じた場合には成長病ではなく、オスグッド・シュラッター病である可能性が高いです。

こうした症状はできるだけ早期に発見することが、治療の効果も期待できます。

足首の成長痛になった時の対処方法とは?

子どもの頃、膝や足首が痛くて痛みを訴えると「それは成長痛だね。」

と言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。

成長痛とはそもそも成長期の子どもに見られる症状であり、痛みの度合いや頻度、痛みが出る箇所はさまざまです。

ひざや足首のほかに太ももやふくらはぎなどに痛みが出る場合が多いようです。

苦痛を訴える子どもは夜寝る前に痛がるので、寝る前のしばらくの間痛がるような場合はまず成長痛を疑ってもいいでしょう。

翌朝になると昨夜の痛みが嘘のように消え、元気になっているのも成長痛の特徴でもあります。

これは昔から身長が伸びることにより起きる痛みだと考えられてきました。

足首の成長痛はどれくらい続く?

ですから急激な成長に骨の発達がついていけなかったり、そのために筋肉や筋などに影響を与えていると考えられていたのです。

しかし実は、痛みと体の発達とはほぼ無関係であることがわかってきました。

成長による体の痛みではなく、精神的なものによる痛みであることがわかってきたのです。

例えば、生活習慣がガラッと変わって不安要素が大きくなったり、何か悩みや心配ごとを抱えていたりする場合に痛みとなって現れるのがほとんどなのです。

ですから、大人になって身長が高いのに成長痛の経験がない人や、その反対に身長は低いけれど、幼いころに痛みを我慢していたという人がいるのはそのためです。

ですから痛みを軽くする一番の方法は、膝の上に子どもを座らせて抱っこしてあげたり、痛みがある部分を優しくなでてあげたりすることなのです。

そうやって母親の愛情を感じ取り、安心できるようになったら自然と痛みを訴えることもなくなるでしょう。

ですから成長痛は心の痛みととらえることもできるのです。

しかし病的なものである場合があることも忘れてはいけません。

痛みがいつまでたっても続く場合や、日増しに痛みがひどくなる場合はすぐに病院を受診しましょう。

自己判断ですませることが一番怖いことでもあります。

バスケやバレーは足首の成長痛になりやすい?

またこの症状にはもう一つ理由があり、それは激しいスポーツや運動でひざや足首などを痛めてしまっている場合です。

特に成長期に過度な運動をしすぎると、体のあちこちに負担が生じ、痛めてしまう場合があります。

特に子どもの場合は痛みを我慢する傾向にあり、本当は痛くてたまらないはずなのに、スポーツができなくなるという不安から痛みを我慢したり、痛みを隠したりする場合があるので周囲の大人がいつもと違う様子に気がついてあげることが大事です。

こういた成長痛は安静にしておくのが一番です。

しばらくは筋肉を休ませ、無理のないようにするのが痛みを軽減し、元の体に戻す一番の方法です。

また、スポーツの前後には必ずストレッチを取り入れることを忘れないようにしましょう。

体をほぐしリラックスさせることはとても大切です。

普段かストレッチを習慣づけ柔軟性のある体作りに努めることが大事です。

また痛みが出ている場合には、無理に練習に参加させたり、試合に出させたりすることがないようにしましょう。

足首のマッサージやストレッチは?

ここで無理をさせてしまうと、将来スポーツをするときに必ず体に支障が出て、運動ができなくなってしまう場合があります。

特にひじやひざを痛めると、多くのスポーツに影響が出るので無理をさせない、しないことが大事です。

このように成長痛とは、心からくる痛みと、過度なスポーツや運動などによる痛みとの2つの場合が考えられるのです。

前者の特徴的な痛みの様子は夜寝る前に痛みが出始めるのでわかりやすいでしょう。

後者の場合は、常に痛みがあるので骨や筋肉、じん帯などに影響を及ぼしていることが考えられます。

この場合は早めに病院を受診し、痛みの原因を取り除いてあげることが大事でしょう。

腰の成長痛はストレッチはしない方が良い?

成長痛は、幼児や子供の時期に片足もしくは両足の膝やかかと、脹脛や足首などが痛くなる症状のことです。

一時間程度、歩けなくなるほどの強い痛みが生じるケースもありますが、該当の部位は熱を持っていたり腫れたりしているわけではなく、また思い当たる様な原因もないということが成長痛の特徴です。

また、痛みはしばらくすると何故か収まるので、放置しておけば自然に治ると考えられがちです。

なお成長痛は、実は医学的に明確な定義をされているわけではありません。

似たような症状を訴える子供が多いために、成長期特有の症状として認識されているだけです。

腰と同時に背中も成長痛になる可能性

何故痛みが生じるのかについてのメカニズムは、現在でも完全には解明されていません。

また、成長期に必ず発生する症状というわけではなく、成長痛を体験しないという人も少なくはありません。

このために、身長が伸びる時に骨も成長することにより、筋肉や関節に痛みが生じることが原因というわけではありません。

ただし、成長痛について全く何も対策が無いというわけではありません。

基本的には、筋肉や関節の痛みであり、他の症状と同様の治療法が効果を発揮します。

筋肉や関節の痛みの多くは、疲労が原因で、これを改善するためには患部を休まさなくてはなりません。

つまり、成長痛に対しても十分な休息を取ることが推奨されるということになります。

具体的な休息の方法は、まずは足に負担がかかる様な運動を控えることや温めることなどが挙げられます。

また、ストレッチなどを行い、血液循環を促進すると共に精神面でリラックスするという方法も有効です。

背中の成長痛で無理なストレッチは危険?

子供は筋肉の疲労について知識や経験を持たないために、痛みが激しくなってから自覚するということも成長痛の原因と考えられています。

このために、疲労が蓄積される前の段階で、休息を上手に取らせるということができる予防法となります。

また、このような知識を身につけておくことにより、それ以降も筋肉や関節の不調に見舞われにくくするという効果も得られます。

逆に、自然に治ると楽観視して放置しておくと異なる部位に異常が生じる危険があります。

特に、多いのが腰痛で不自然な体勢でバランスをとっていたことによる症状です。

足の筋肉に疲労がたまると、特に生じやすくなります。

この腰痛を放置しておくと、疲労骨折などの深刻な症状に発展するケースがあるので、適切な対処を行わなくてはなりません。

腰の痛みが激しい時は、まずは最初に冷やすということが必要となります。

これにより、血液の流れや神経系の活動を抑制するので、痛みが沈静化します。

患部が腫れている様な場合には、腫れの進行も抑制されます。

そして、痛みが軽くなった後は、温める治療を行います。

これにより、血液循環や細胞分裂が活性化するので、元の状態へと身体が回復することになります。

背中の成長痛の解消方法はあるのか?

温湿布やマッサージ、ストレッチなどが具体的な方法です。

なお、腰痛が慢性化している場合は、最初から温めることを目的とした治療が実施されます。

ただし、成長痛による腰痛は、慢性化を防止しなくてはなりません。

慢性化すると長期的な治療が必要となるので、成長にも悪影響を及ぼす可能性があるからです。

成長痛により足に痛みが生じている場合は、これをかばうために偏った部分に負担が強くかかることになります。

これが、痛みや不調の直接の原因であり、これを改善するためには強く負担がかかっている部分が悪化する前に休まさなくてはなりません。

このために、成長痛によりどこが痛いのかと共に、どこに負担がかかっているのかを把握することが第一歩となります。

ただ痛みを感じている部分だけにアプローチしていたのでは、身体全体の不調を改善することは出来ません。

怪我

このページの先頭へ