ヘッダー画像

成長痛になると身長は本当に伸びるのか?

成長痛は10代の前半の12歳を超えると子供の体から大人の体へと変化させるために、体内で性別にあったホルモンを分泌して男の子は男性の体に女の子は女性の体へと変化させます。

成長ホルモンの分泌によって促進される体の変化ですが、其の体の変化についていけずに体の一部に不具合を出すことがまれにあります。

その不具合の一つにあるのが成長痛であり、これは成長ホルモンの分泌によって性別問わずに体が大きくなるのですがその変化についていけずに体に痛みが生じる関節痛です。

どうして成長痛というものが起きるのかというと、その原因は12歳までの骨の状態が関係しています。

0歳から12歳までの骨は成長ホルモンによって徐々に大きくなることに変わりないのですが、それでも大きくなったとしても骨の密度というのは成長する速度に合わせるために軟らかいままになっています。

しかし12歳を超えてより多くの成長ホルモンが分泌されることによって体が大きくなり全身の使う力も強くなると、12歳のままの骨がその体の力の成長についていけずに骨と骨がぶつかり合うことになります。

成長痛の痛みの原因とホルモンの分泌の関係性とは?

骨と骨がぶつかり合い削れていくと、体の関節と関節を結び付けている軟骨がすり減ることになりクッションの役目を果たせず軟骨の間にある神経が骨によって圧迫されることで脳が危険信号を送ることが成長痛としてあらわれることになります。

成長痛は子供の骨の未成熟故に起こる現象であり時間がたてば治るものですが、ただ痛みをそのままにして動き回ると骨が変化してしまい後々の生活に支障をきたす可能性があるため注意が必要になります。

実際に成長痛が起こった場合にはどのように対処すればよいのか、それは骨の時期にあった生活を送ることだと言えます。

先に言ったとおりに骨の成長というのはすぐに進むものではなく、同じく成長ホルモンによって徐々に大きくなるものです。

そこで成長ホルモンの分泌を助けるための食生活として牛乳や大豆から骨を強固にするカルシウムを取りながら、そのカルシウムの吸収を助ける栄養素であるホウレンソウなどに含まれているマグネシウムを摂取します。

そして骨を強固にするというのは細胞分裂を盛んに行うことが重要なのですが、そのために栄養として妊婦の赤ちゃんを丈夫に育てるために必要な栄養素と同じくホウレンソウなどの葉物野菜に含まれている葉酸を取ることによって細胞分裂の活性化と正常な働きを助けることで骨が丈夫になることを助けます。

そして成長痛を引き起こす意外な原因としてあるのが体が大きくなることで成長ホルモンが分泌されると、その変化に体がついていけずに子供のころよりも長い時間の起きれることになり、更に夜更かしすることが多くなることです。

夜更かしをすると成長痛が起きる原因に?

夜更かしをするということは寝ている最中に起こっている代謝促進による細胞分裂が正常に行われないためです。 その日に負荷がかかった骨の再生がうまくいかないことも成長痛としての引き金になります。

そこで寝る時間が遅れる原因の一つとなっている食事時間はしっかりと寝る前の6時間前に済ますことで消化しきることを心掛けましょう。 お風呂に入るときには寝る前の2時間前に済ませます。

そのうえで体が元気なのは成長ゆえに当然なのです。 その体の元気をある程度消費させるために寝る前の30分前に季節問わずに関節に負担がかからない軽い運動をすることによって疲労を溜めて元気を消費させると眠りやすくなり9時から11時の適切な時間に眠ることができます。

これらのことを心掛けると成長痛の成長しきった後のダメージを軽減することができますが、それでも現在で痛みがあります。 成長痛に悩む場合にはその負担を軽減させるためにサポーターをつけることが望ましいと言えます。

サポーターで成長痛の痛みは緩和できる?

成長痛の場合のサポーターの巻き方としては、本来の関節痛であれば固定テープを固めに張り付けて出来るだけ動かないようにして固定するものですが成長痛の場合骨ができあがっていない状態でそれをすると骨が曲がった形になる場合があるので注意が必要です。

そのため痛みがキツイ場合での固定テープは強めに巻くのではなく、個人差はありますがまいた人が窮屈に感じないほどの堅さになるように巻くことがこの時期のサポーターの付け方となります。

実際に様々な個所の痛みで悩む12歳以上で増えている状態であり、それは体を動かす機会が少なくなり骨の成長がうまくいかないことが多いためです。

しかし成長痛の原因はどうであれ運動をしていたとしてもしていなかったとしても、この症状になる確率というのはそれほど変わるものではないため誰しも12歳を超えた段階で体が大きくなる悩みと共に必ず通る不安の一つです。

そのため痛みを我慢せずにしっかりと整形外科といった病院を受診して骨の状態を知ることが重要で、そのうえで先に言った対処法をしっかりと行うことが関節の痛みに苦しまずさらには骨が成長しきった後の後遺症をなくすことができる最善の方法です。

TV紹介画像

このページの先頭へ