ヘッダー画像

ジャンプをするスポーツは身長を高くするのは嘘?

バスケットボール画像

はっきり言って、ジャンプをするスポーツをすれば身長が高くなるという都市伝説的な噂は、医学的な根拠はありません。

実際にバスケやバレーなどを見ていると背が高い人ばかりですし、子供にも背が高くなって欲しいから習い事をさせたいなど考えをもつ親も少なくありません。

それでも誰もがジャンプをする競技を始めたからと言って、それが身長を伸ばす方法にはならないのです。

どれくらいの回数ジャンプしたからと言って効果なし?

もしジャンプをすることが身長の高さに比例するのであれば、既にみんなが何回もやっているでしょう。

はっきり言ってどれくらいの回数のジャンプをした所で、確実に身長が高くなるという保証は全くありません。

医学的にもジャンプする事は認められていない?

ジャンプが身長を伸ばす方法になるという医学的、科学的な根拠はありません。

しかし、だからと言って絶対にジャンプをすることが良くないということでもありませんし、連続してジャンプをすることで逆に背が縮むということでも特にはありません。

特に低身長の小学生や中学生、高校生の成長期の時期にジャンプを連続してすることで背が高くなったという経験をした人は男女問わずいるのです。

ただし、それは食事や睡眠とも関係していますので、単純にジャンプをしたことで背が高くなるという意味ではない事を理解しましょう。

参照・文部科学省 ⇒ 年間発育量の世代間比較(身長・体重)

一覧

バスケやバレーはジャンプしてるから背が高くなっている?

バレーボール画像

バスケやバレーはジャンプをするから背が高くなるというのは、この方法には根拠はなく、これらの競技で目立つ選手はほとんどが身長があるというのが事実でしょう。

イメージ的に身長がある人が部活でもプロのチームでも集まっているので、平均的にもみんな大きいという印象があります。

身長が高い選手が目立つバスケやバレエ

バスケやバレーなどのスポーツはテレビでもBリーグやVリーグが定期的に放映されています。

それらのスポーツを見ると確かに明らかにサッカーや野球などのジャンプをする回数が少ない競技に比べると190cmや2mを超えるような背が高い選手ばかりが目立ちます。

ここで、方法として一つ間違えてはいけないのは、これらのプロのバスケやバレーの選手たちは背が高いうえに技術を持ち合わせているから一流で、それは日本だけで考えてもほんの僅か一握りです。

オリンピックなどを見ていてもわかりますが、世界的に見ても日本人はジャンプ力は合っても背が低く不利とされる競技なのです。

バスケやバレーは単純に身長が高い人が有利なスポーツです

はっきり言ってしまえばバスケやバレーは身長がかなり影響するスポーツです。

更にジャンプをすることで最高到達点が高ければ、ブロックされにくい、身長があるとボールを取られにくい優位なこととなります。

それを踏まえると背が高い選手が圧倒的に有利なのです。

しかし、だからと言って日本人でも180cmもない低身長の田臥勇太選手などは、背は小さいながらも世界最高峰のアメリカのプロバスケットボールのリーグのNBAでも正式な選手と契約して出場しています。

縄跳びは何回ジャンプするべき?何時間どれくらいの回数を続ければよいの?

縄跳び画像

身長を伸ばす方法として縄跳びをしたりジャンプをすることが良いとテレビなどの本当か嘘かわからない様な情報を信じてしまうケースが多く見られます。

縄跳びでジャンプをすることで何故?背が高くなるのでしょうか?はっきり言って、成長ホルモンと同様にその疑問にしっかりと答えられる医師はいないのではないでしょうか。

もちろん身長に全く意味がないわけではなく適度な運動としていつでもできる縄跳びをチョイスする事は決して悪いことではありません。

そして全身を使ってジャンプをすることも良いでしょう。

それが直接的に身長を伸ばす効果があるかどうかと言われると、その真偽は定かではありません。

成人がいくら縄跳びでジャンプをしても効果はない?

はっきり言って成人となっている男性でも女性でもいくら身長を伸ばしたいがために縄跳びを使ってジャンプをしても、期待しているような効果はないと言っていいでしょう。

毎朝100回縄跳びをすることで、背が高くなる効果があるというのははっきり言ってしまえば迷信です。

またそれは朝だからとか夜だからとか、回数は上記した通りほとんど関係がないと言ってもいいでしょう。

それだけでなくあまり無理をし過ぎて縄跳びの様に連続のジャンプをすることは、場合によっては、身長どころか疲労骨折や膝を痛めてしまうことにもなりかねません。

背を高くするために、アスファルトでの縄跳びのジャンプは大人だけでなく子供の足にもかなり負担が掛かってしまうので、この方法は場所を選ぶようにしましょう。

それでも身長を伸ばすために縄跳びを使用してジャンプをして効果があったというケースはあります。

絶対に嘘だと言い切れることではありませんので、低身長悩みを解消するために挑戦する事は止めませんが、適度に時間や回数を決めて無理のないように行うようにしましょう。

TV紹介画像

このページの先頭へ